MusicRPG〜フォルティッシモ〜 委託販売中!
活動再開しました。追加シナリオが遅れてしまい申し訳ありません、気長にお待ちください。

トップページ > MusicRPGff > システム

MusicRPG

MusicRPGffのシステムの紹介

MusicRPGff独自のシステムを紹介します。
ただし、MusicRPGffでは、これらのシステムはチュートリアルを交えながら徐々に解禁されていくので、
あらかじめ全てのシステムを把握しておく必要はありません。


ミュージックバトル


ミュージックバトル


音ゲーのように音楽に乗せてアイコンが流れて来るので、アイコンがバーに重なった瞬間にボタンを押します。
押したボタンに応じて、RPGのバトルのようにキャラが攻撃や回復を行います。
タイミングよく押せると、物理攻撃は敵の防御力を無視してクリティカルヒット、魔法は全体化や威力UPなどのボーナスがあります。

アイコンの種類と押すボタン


味方のアイコンのときは△○×□のボタンを押すと、それに対応したスキルが発動します。
序盤は下図のように、フォルテの物理攻撃は△○×の位置とスキル属性の上中下が、
ペシェは△○×□の色とスキル属性の風火水土の色が対応しています。

味方のスキルの種類とボタンの対応


基本戦術としては、まずルシアの○ボタンでリサーチを使い、敵の弱点を見破ります。
その後、フォルテとペシェは敵の弱点のボタンを押し攻撃し、
ルシアは△ボタンで回復をしつつ、余裕のあるときに×や□ボタンで補助魔法を使います。

ただし極論を言えば、十分にレベル上げをすれば△ボタンにしぼって押していってもゴリ押しできるので、
自分に見合ったやり方でプレイすることが可能なはずです。


ミュージックテンション(MT)


ミュージックテンション


ミュージックテンションが高いほど、味方はより強力なスキルを使用出来ます。
ミュージックテンションのグラフは青→緑→赤の三段階あり、それに応じて味方はMTレベル1〜3のスキルが使用出来ます。
ミュージックテンションは敵も持っており、敵のミュージックテンションが高いほど、敵のスキルの威力が高くなります。

ミュージックテンションは曲の盛り上がりに比例して高くなるほか、
アイコンをタイミングよく押すことで、味方のMTを上げ敵のMTを下げることが出来ます。
逆にミスをすると、味方のMTが下がり敵のMTが上がってしまいます。

アイコンとMT上下の関係


音ゲーの要領でタイミングよくボタンを押していくと、コンボを重ねていくことが出来ます。
コンボが一定以上続くと、通常のアイコンの他に音符のアイコンが出現するようになります。
音符のアイコンはMTの上下以外特に効果はありませんが、ミスすると他のアイコン同様コンボが途切れてしまいます。
音符アイコンを多く出現させた状態でさらに長くコンボを続けていくことで、どんどんMTが上昇していき、バトルを有利に運ぶことが出来ます。


MTバースト


MTバーストのアイコン


ボス戦などの重要な局面では、通常のアイコンとは異なる○×△□のアイコンが流れてくることがあります。
これらのアイコンのときは通常と異なり指定された通りのボタンを押す必要があります。
ミスしてしまうと、それらのアイコンは全部消えてしまいます。
一連の○×△□のアイコンをすべて上手く押すことができると、最後にMTバーストのアイコンが流れてきます。
MTバーストは強力な必殺スキルです。押すボタンに応じて、誰のMTバーストが発動するかが決まります。
MTバーストを決めることが出来るかどうかで、ボスを倒せるか否かが決まると言っても過言ではないでしょう。

キャラとボタンの対応


敵の必殺技


敵の必殺技


ボス戦などでは敵が曲の終わりなどのタイミングに合わせて、超強力な必殺技を使ってくることがあります。
これはまともに喰らうと必ず全滅してしまうほどの威力であることも多いです。
敵の必殺技が発動するときは、必ず画面左のミュージックテンションのグラフの上にカウントダウンが表示されるので、
それが0になる前に敵を倒して必殺技を使われるのを阻止する必要があります。


スキルページ

「スキルページ」とは、各キャラの
  • MTレベル1で用いるスキル(△○×□ボタン)
  • MTレベル2で用いるスキル(△○×□ボタン)
  • MTレベル3で用いるスキル(△○×□ボタン)
を1セットにしたもので、キャラごとにそれぞれ3ページのスキルページが用意されています。
ゲームを進めていくと、使用したいスキルページをスキルページ1〜3の中から自由に選択できるようになります。

スキルページ


それぞれのスキルページは、異なる特徴を持ったスキルがセットされています。
例えば、フォルテのスキルページ1は物理攻撃メイン、スキルページ2は魔法とアイテムがメインになっています。
物理攻撃が得意なフォルテは、普段はスキルページ1を使用し、物理攻撃が効きにくい敵が多いダンジョンではスキルページ2を使用する
といった具合に、状況に応じてスキルページを切り替えることで、バトルをより有利に進めることができるでしょう。


スキルカスタム

ゲームを進めていくと、中盤から「スキルカスタム」メニューを使用できるようになります。
「スキルカスタム」メニューでは、各キャラの各スキルページの各ボタンに、自由にスキルをセットすることができます。
これにより、それまで決められたスキルページの中から選ぶことしかできなかったものが、
自分で自由にスキルページの中身をカスタマイズできるようになります。
「スキルカスタム」によって、自分にとって最適なスキルページを作り上げてください。


スキルラーニング

準備中。追加シナリオにて追加予定の新システムです。

フィールド上でのミュージックテンション


フィールド上でのミュージックテンション


フィールド上ではMTが高いほど敵が出にくく、逆にMTが低いとすぐ敵に遭遇してしまいます。
MTはランダムに変動するので、MTが低いときには動かずしばらく待ってみるというのも、
無駄なエンカウントを下げる有効な手段かもしれません。


アーティファクトとメロディのスキル

他の味方キャラと異なり、メロディは自動でサポートスキルを使用します。
メロディが使用するスキルは、装備しているアーティファクトによって決まります。
メロディのスキルの確認は、メニュー画面の「スキル」または「スキルカスタム」で、
アーティファクトの変更は、メニュー画面の「装備」で行います。


状態異常

状態異常になってしまうとさまざまなデメリットがあります。
状態異常は次回のバトルには引き継がれません。また、状態異常は各キャラの行動時に一定確率で回復します。

状態異常



メロディの状態異常

メロディが状態異常になってしまうとさまざまなデメリットがあります。

メロディの状態異常



MusicRPGff Index
T O P
概  要
システム
キャラクター
ダウンロード
オンラインマニュアル
まこちゃんといっしょ TOP

Copyright (C) まこちゃんといっしょ All Rights Reserved.
design by. (C) WebDaisuki.com